住宅ローンの借り換え審査に通過するにはどんな方法があるのでしょうか?

住宅ローンを組む際に必ず利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初年度に住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので前もって準備を始めましょう。

借り換え後でも活用できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという目的になっているか借り換え後の借入期間が10年以上に設定されているかという点です。

基本的に私たちが借り換えを行う理由としては借金を返すことが目的ではなく金利を見直すためなのでほとんどの場合で適用可能なことが多いです。

住宅ローン借り換えについて調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンの借り換えができないということです。

どういった場合にそういったことが起きるかというと転勤することになって転勤先での賃アパートなどの貸料と二重になるので、金利が低くなったから借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ借り換え不可能かというと、住宅ローンという制度は自身の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、住宅ローン以外の金融商品を探しても借り換え前よりも良い条件の金融商品はなかなか見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際など借り換えができません。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行機関からお金を借りて、現在借入中の銀行機関に完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行の許可は必要ないので理論上では何度でも借り換えが可能になっています。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

その理由としては、借り換えメリットがあるから行うので1回限りと言われるとべストな時期に借り換えをしたいですがまた、住宅ローン金利は予測ができないので借り換えを行うべストな時期というものはなく借り換えメリットが月収以上になった時がベストな時期と言われています。

そのためオススメされているのが借り換えメリットが月収以上になったときです。

最近、ネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを行う人も多いようです。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合にこんな状況が起きるかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分として契約していたのが実際は夫が全額返済しているため借り換え時に単独名義になる問題が出てきます。

こういった連帯債務の借り換えには金利以外の贈与税などが発生する可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

相談した結果、不動産登記などの借り換え費用と税負担やかかる諸費用を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

色々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利が固定か変動かではないでしょうか。

金利だけを気にすると変動の方が低く設定されていることが多いですがしかし、変動制では多くの期間で半年ごとに金利が変わり社会情勢によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が想定以上に上がる可能性があるなど計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合はおそらく変動を選ぶ方が多くなると思います。

固定制の場合は、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても毎月の支払額に変更がないというメリットもあります。

他にその中間とも言える固定期間選択制というものもあります。

住宅ローンを固定金利のフラット35で組んだ方の多くは金利固定だから完済まで放置してもいいという認識を持っているようです。

実は借り換え融資プランができたので住宅ローン借り換えをフラット35同士で行うとお得な場面が多くなっているんです。

お得になる金利差は0.3%以上という計算になるようです。

よく借り換えで例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に借り換えを行うケースです。

金利が1%から2%低く設定されていることが多いのでそのまま低金利のままならお得になりますが、金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利同士での借り換えは、金利変動リスクはありません。

皆さんは住宅ローンを契約する際に頭金を支払いましたか?中には、頭金を用意しなかった人もいるかもしれませんがそうすると毎月の返済額が高くなります。

そのため、ローンの総返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを行う人もいます。

稀に、「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えているようですが審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初の審査の時よりも転職をして年収が下がってしまった場合や住宅ローン以外に複数のローンを抱えていて落ちることがあります。

参考:住宅ローン借り換えで借入期間を延長できる?【返済額を減らす方法】

年収や職場が大きく変わっていなくてもこういった面で引っかかることがあります。

家計の悩みになりがちな住宅ローンの返済ですが今組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったら低い方に変えたいですよね。

ただ、低金利という部分だけを目当てに変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えはフリーローンなどの借り換えとは違い登記などで様々な費用が発生しますので、費用を入れて計算したら逆に損してしまうということもあります。

シミュレーション時にメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行う判断基準としてよく言われているのが、借り換えで得する金額が月収以上になった時です。

月々のローンの支払額を低くしようと思い、住宅ローン借り換えを考えることがあります。

では、その場合、今契約している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンで融資を受けている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ変更する際は別の保険への加入を検討するいいチャンスです。

もし、継続するとしても保険金の見直しを行いましょう。

なぜかというと住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、ほったらかしやすい保険なのでいい機会だと思って火災保険はほったらかしになりやすいので借り換えを機に見直してはいかがでしょうか。

初めて住宅ローンを組む際によく聞かれるのが「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば可能です。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫することがあります。

当然ですが、自動車ローンをちゃんと返済していないと他のローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイントです。

稀に、現在組んでいる自動車ローンの分を住宅ローンに組み込んで提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。